開発されている

現代では様々な測定に関する機械が使われています。その測定機器の1種に、流量計と呼ばれる機器があります。 流量計とは流体、つまり何らかの流れがある物体の質量を測り取るための機器を指しています。具体的に流体に該当するのは、川や海を流れたり漂ったりする水や空気中を漂う成分を指しています。 通常、地球上の物体には何らかの重さが存在しており、静止中の物体を重量計で測り取る事で測定が可能です。 しかし流体では、動きがある上に細かな成分同士の摩擦や他の抵抗など、静止状態とは異なる条件が含まれるため、重量測定が困難でした。 そこで測定に向けた研究が行われる中で、流体が持つエネルギーの総量は不変である事と、エネルギー総量は流体の圧力や速度に左右される事などの条件を使い、流れの初めと終わりとの圧力の差を計測する事で間接的に流量を測定するという方法が編み出されました。

流量計は現在、測定する対象や機器の特徴などの違いによって、様々な種類や機能が開発されていると言われています。 流量計には測定する成分によって、流れる速度や密度・温度などの状態が異なったり、成分による化学的な影響を受けたりする確率があるため、対象に応じた機能や設備が必要です。また、周辺環境の条件などに応じて、感度や設備にも差が出ると言われています。 こうした影響に備え、従来の流体速度と圧力差を使った測定だけで無く、流量計に電磁的装置や超音波を活用した測定を行ったり、センサー部分の形状を変えたりする等の工夫がなされています。 近年では環境対策や成分研究などの活用を用途とした、従来よりもさらに細かな粒子の流量測定に向けた研究も行われているとされます。